公私共にあまりにも内助の功というものにビックリするくらい縁がないのでタイに行って性転換してやろうかと思ってるオーナーデイジーです。Tシャツの品質表示や製品仕様で「オンス(oz)」という単位を目安にしますよね。オンスとは、もともとヤード・ポンド法で重量を表わす単位で、日本ではあまりなじみがないんですが、Tシャツはアメリカを中心に普及した製品であるなごりから、現在もTシャツの生地スペックのうちで厚さを表示する際はオンスを使用するようになっています。Tシャツの場合の1オンスは、1ヤード四方が約28.35gの重量に相当しますが、なんのこっちゃですよね(笑)一般に、3~4オンスの生地は非常に薄手で、白の場合はかなり透けますが、綿100%の場合価格が安いのでイベントや販促用に配布するTシャツなどに重宝されるタイプです。「ヘビーウェイト」に分類される5~7オンスの生地は、肉厚で耐久性があるため、実用性が高くなります。上質でハイクラスなTシャツは、たいていが6オンス以上のものですが、混合生地の場合比較的薄手で着心地の良いトライブレンドのような生地もありますので、薄い=安い、悪いではありません。スウェットやトレーナーなどには、非常に肉厚な9~13オンスの生地が用いられます。Tシャツの品質や着心地を決めるのは、生地の厚さだけではありません。たとえば、使用されている糸の太さは、風合いを左右する重要な要素ですね。アパレル業界で糸の太さを表わすには、番手という単位が使われますが、これは1ポンド(453g)当たりの重さが840ヤード(0.914m)の何倍になるかで決まっていますが、何言ってんだって心の声が聞こえるのは流します(笑)最も太い糸の1番手から始まり、細くなるほど数値が増える(=同じ重量で長さが長くなる)のが特徴です。番手が大きくなるほど細い糸で織られたハイゲージの編地になるので、風合いのしなやかな生地が出来上がるってことですね。プリントTシャツを作る場合など、用途や目的によって最適なTシャツのボディを決めるのに、オンス表示は判断の有効な目安になるのは確かです。イベントでのスタッフTシャツや販促キャンペーン等の配布用、あるいはクラスTシャツなどのように、コスパの良さを重視したい場合は、4オンス前後のライトウェイトタイプが最適だとは思います。高品質な生地とていねいな縫製のTシャツを選べば、薄手でも十分に機能を発揮します。繰り返し洗濯が必要なユニフォームや、タウンウェアとして長く着用したい場合は、5~6オンス程度のタフなヘビーウェイトタイプなら、オールマイティに活躍するのでおすすめです。さらに耐久性と品質にこだわるなら、丈夫なオープンエンド糸を使用したアメリカンタイプのボリューミーなTシャツを、ぜひお試しください。って言うのが教科書通りの説明です。ここからがパイプカットデイジーのTシャツ講座(笑)例えば日本のメーカーのUnited Athle5001とPrintstar00085-CVTとTrussのGAT-500が主力商品として全て5.6ozですが、触り心地は全然違います。硬い>柔らかい で言うと、Printstar>United Athle>Trussとなります。TrussはPrintstarに比べるとかなり柔らかく着心地もいいです。何故なのか?それにはしっかりとした理由があるのですが、長くなるので性転換後と言うことで(笑)まぁそこらへんの理由はともかく実際に商品を触ることの大切さをデイジー的には知っていただきたい。イベントもので安ければいいならいいですが、実際に自分のブランドとして売るのならば、作った本人が着心地、品質、加工など満足して人に勧めれるものを作るべきだと思います。自分のデザインがいけてると勘違いして安いTシャツにプリント入れて喜んでるのはブランドではない。面白Tシャツで満足ならそれでいいと思います。考え方は人それぞれ。本人が楽しかったらそれでいいですけどね(笑)できれば買う人にも末永く楽しめる商品を。#無地tシャツ専門店 #無地tシャツ #tシャツ #実店舗 #オーダーメイドtシャツ #卸売価格 #工場価格 #自社工場 #プリント #刺繍 #リメイク #オリジナルtシャツ #チームtシャツ #イベントtシャツ #この道31年 #出来ないことは何もない

柔らかい で言うと、Printstar>United Athle>Trussとなります。TrussはPrintstarに比べるとかなり柔らかく着心地もいいです。何故なのか?それにはしっかりとした理由があるのですが、長くなるので性転換後と言うことで(笑)まぁそこらへんの理由はともかく実際に商品を触ることの大切さをデイジー的には知っていただきたい。イベントもので安ければいいならいいですが、実際に自分のブランドとして売るのならば、作った本人が着心地、品質、加工など満足して人に勧めれるものを作るべきだと思います。自分のデザインがいけてると勘違いして安いTシャツにプリント入れて喜んでるのはブランドではない。面白Tシャツで満足ならそれでいいと思います。考え方は人それぞれ。本人が楽しかったらそれでいいですけどね(笑)できれば買う人にも末永く楽しめる商品を。#無地tシャツ専門店 #無地tシャツ #tシャツ #実店舗 #オーダーメイドtシャツ #卸売価格 #工場価格 #自社工場 #プリント #刺繍 #リメイク #オリジナルtシャツ #チームtシャツ #イベントtシャツ #この道31年 #出来ないことは何もない” width=”640px” height=”640px” />