「オーダーメイドTシャツ」という贅沢 CUSTOM INCでは長年の技術と経験を活かし、「長く愛用できるお気に入りの一着」をお客様とともにじっくり作っていきます

デザインの作成と入稿

デザインの作成と入稿について

オリジナル商品を作るにあたって最も重要なのがデザインの作成です。
弊社で受け付けているでデザインの作成方法は、ラフスケッチ・手描き版下・データの3種類です。
お客様のイメージを形にするためにすべての方法でサポートしていきます。

ラフスケッチ入稿

手書きの原稿をそのままプリントや刺繍で表現する方法です。
手描きのあたたかい風合いや筆やクレヨンなどの風合いを生かした手法です。

原稿作成方法

  • デザインを拡大縮小するとイメージが変わるので、加工する原寸大で作ってください。
  • サインペンなど0.5?以上の太さで濃くはっきりと黒色一色で描いてください。
  • 原稿をそのまま版にしますので、不要な線や下書きや汚れなどは綺麗に消してください。
  • 色の指定は現行のコピーを取って、コピーに色番などの指示をしてください。

デザインサポート入稿

お客様のデザインのサポートをさせていただきます。
お客様の手描きのスケッチなどを元にデータを修正。
文字をフォントにイラストは綺麗に整えてイメージするデザインを一緒に作っていきます。

原稿作成方法

  • 原稿はサインペンなどで濃くはっきりと書いてください。
  • 具体的な修正内容を書き込みください。
  • デザインシートや真っ白な紙になるべく大きく書いてください。
  • 書体やカラーの指定は矢印で分かるように書いてください。

デザインデータ入稿

パソコンで作成されたデザインデータを完全原稿として入稿してもらう方法です。
イラストレーターやフォトショップなどを利用して作成を進めていきます。

原稿作成方法

AiIllustrater

  • イラストレーター(CS6まで対応)
  • データは原寸で作ってください。
  • フォント(文字)は必ずアウトライン化してください。

Ps Photoshop

  • フォトショップ(CS6まで対応)
  • データは原寸で作ってください。
  • 解像度は実寸サイズ300dpi以上で作成してください。
  • 多色デザインの場合はプリントするカラーごとにレイヤーを作成し「.psd」形式で保存してください。

JPEG等の画像データ

  • 画像データを使って入稿する場合(jpg、gif、png、tiff)
  • デザインの解像度は300dpi以上で用意してください。

入稿方法

【1】データ入稿フォームからの入稿

  • データ入稿フォームをご利用の場合は10MB以内で送信してください。
  • 3営業日を過ぎても連絡がない場合は入稿できてない可能性がありますのでお問い合わせください。

【2】電子メールでの入稿

  • お客様情報か注文番号を記入の上●●●●@custom-japan.comまでお送りください。
  • データは10MB以内で送信してください。(※ 送信環境により、データ量は異なる場合があります。)

【3】メディアや原画を郵送入稿

  • 10MBを超えるデータは「宅ファイル便」などのストレージサービス(大容量データ転送サービス)を利用して頂くか、CD-RやUSBなどのメディアに記録してお送りください。
  • 手描きデータや写真などは精度が落ちるので原画を折らずになるべく郵送してください。
  • データ入稿時にかかる費用はお客様のご負担でお願いします。
  • 郵送頂いたデータや原稿は納品時にご返却いたします。

【4】FAXでの入稿

  • 手描き原稿でデザインサポート入稿時のみご利用ください。
  • 黒色のペンで濃くはっきりと書いたものを送ってください。

「オーダーメイドTシャツ」という贅沢 CUSTOM INCでは長年の技術と経験を活かし、「長く愛用できるお気に入りの一着」をお客様とともにじっくり作っていきます